Seize the Day

学生真っ盛りです。学生の視点で面白いこと研究してます。

Leon : The professional の魅力

Leon

 

映画の秋!!

 

最近見た映画で一番ヒットしたのが1994年の超名作/人気作”Leon”!

この映画のテーマはずばり

 

〇切ないストーリー(ロマンス?)(親愛)

〇アクション

〇孤独

 

*途中までのあらすじ*

NYを舞台に、殺し屋レオンと少女マチルダの絆を描いたアメリカフランス合作。父が麻薬を横領したことをきっかけに、麻薬取締局の人物に家族を殺害されたマチルダはアパートの隣に住んでいたレオンに保護され、そこで暮らすことになる。レオンが殺し屋と知ったマチルダは弟を殺された復讐のためアサシンの技術を教えてもらおうとする。

 

戦闘シーンが入っていますが、この映画の世界観を一言で表すとすれば、激しいバトルものというよりかは孤独な者の哀愁という言葉でしょう。

 

衝撃的な終わり方、そして最後のEDが、哀愁をさらに引き立てています。殺し屋と少女、という破壊力のあるペアが個人的にツボで、見終わった後ゥァぁぁぁ……ってしばらく余韻がすごかった!

 

 

以下、ネタバレ含む魅力です。

 

ナタリーポートマンが半端ない件

主要人物であるレオンもマチルダも、共通する点は孤独であるということ。


Leon The Professional Trailer

 

レオンは幼いころから殺し屋として生活し、そういうアサシンの技術に長けていますが字が読めず、学もありません。マチルダのような小さな少女にも不愛想に接し、不器用にしかコミュニケーションが取れていないところなど、人(家族)との関わりが如何になかったかが読み取れます。

 

チルダは父親、継母、腹違いの姉と上手くいかず、虐げられ居場所がありませんでした。唯一愛する弟をも殺されるという過酷すぎる現状。

 

共に生活するうち、孤独な境遇にいた二人の間に、恋人とも親子とも言えないけれど強い絆が生まれてきます。

 

 

少女マチルダを演じるナタリーポートマンは、当時幼いながらエグイほどの美貌を持ち合わせています…恐ろしい…… 作中で時折見せる影のある表情がたまりません(笑)(圧倒的美少女を拝めるためだけでもこの映画は見る価値があります(笑))

 

そしてチルダは環境に大人ぶりざるを得なかったのか、仕草言動表情全て12歳児よりずっっっと背伸びしている女の子。

一方レオンは愛情表現が乏しく、元気づけにドレスを買ってやるくらいしかできません。

 

そのせいか、時々マチルダが大人の女性に、レオンが少年に見えるという不可解な場面が発生します。これぞレオンマジック!レオンがマチルダを養っているという構図から、マチルダがレオンをリードしている図が浮かび上がります。

 

 

エンディングの切なさ(ネタバレ)

 

 

チルダと会うことで、無機質で単調、片目を開けて寝るような生活からレオンは解放されていきます。マチルダも向き合ってくれるレオンに惚れていきます。二人の関係は。

 

また、殺しを繰り返していたレオンの人生に意味はあったのでしょうか。最期の最期に彼の口から明らかになるこの答えこそ、この映画のテーマを表しています。

 

 

この物語はハッピーエンドとは言えません。レオンを失ったマチルダは再び、いや以前よりも孤独になり、これからどのよう生きていくのか。しかし二人が恋人になったり、より近しくなったりというような展開よりずっと理にかなっていたと思います。

 

そして最後に流れる”Shape of My Heart" が物語の影の部分をめちゃくちゃ引き立てている!!バラード調でレオンの心情に合わさるような歌詞に胸打たれること間違いありません。

 

 

総括

こんな風に、Leonには語りきれない魅力がいっぱい詰まっています。切ないような悲しいようなゾクゾクするこの世界観、是非秋の映画におすすめです(笑)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Legend Aviciiの遺した曲

 

 

Tim Bergling

Avicii氏の件を今日知る

 

 

ご存知でしょうか、若者の間で知らぬ人はいない(?) EDMプロデューサーの故Avicii

 

そう、今日久しぶりにYouTubeのAvicii ”Wake me up" を開いたら
コメント欄が混沌としていて、どうやら本人が亡くなったらしいと。しかも半年ほど前の話だそうで

 

 

ショッキング!! なんでLegendと謳われて成功していた彼が!自殺!

 

 

個人的伝説の曲

 

 

*Wake Me Up

 

以下の曲Wake Me Up のサビ

 

”So wake me .."

 

から始める部分が飾らない彼の信条をスパっと言い表しているようで、初めて聞いた時はっとしました。がテーマであるとは知らず、いつか自分が偉くなり知識も得、謙虚さを忘れたじいちゃんばあちゃんになった時目を覚まさせてくれといってるんだと勝手に思っていましたが、

どちらにしろBillBoardチャートで1位に輝いたLegendであることは間違いありません

 


Avicii - Wake Me Up (Official Video)

 

 

*Waiting For Love

 

Monday, Tuesday,,,と曜日の描写がある部分が悲しくて、EDMの”パーリーピーポー感”という偏見がこの曲で払拭されました。なんという中毒性でしょう。

動画でもこんなに(いい意味で)麻薬みたいな中毒性が感じられるのだから、LIVEに行ったらどうなってしまうのでしょう。

……行ってみたかったよ!!

 

 

 

 


Avicii - Waiting For Love (Lyric Video)

 

 

彼は音楽を通して世界中に何億ものファンを持つ成功者で、自信に溢れていて、ストイックな人なんだろうなんて思ってましたが、実際はAvicii・彼自身が追い詰められていて、Waiting for loveしていたのかもしれない。イメージなんて勝手な妄想に過ぎないですね……

コメント欄に”Legends never die" というメッセージが沸き上がっていましたが、確かに表現者の作品は人々に覚えられている限り永遠です。

 

 

ということで今から The nightsを聴いて寝ます。おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

なぜ英語を学ぶのか

 

同級生や同世代の学生と知り合った時交わす常套句みたいなものがあって、それは大体

 

「専攻は何?」

「ワイは〇〇」

 

みたいなやりとりだ。こちとら専攻は英文。自分の学部「文学部」と検索すると一緒に「就活」とか「廃止」が欄に並ぶくらいなのでもう世間の評価に対して察しはついているけれど文学への愛は少なくとも持っているので、理系に比べて肩身が狭い…なんて自信の無いことはてんで思っていない。..いなかった。

 

しかしこの前

 

とある国からやってきた見目麗しき留学生にとうとう核心を突かれてしまった

前からうすうす疑問に思っていたが知らん顔をしていたこと

 

「何を専攻してるの?」

「英文だよーーーー日本語・机上でシェイクスピアトールキンイプセンの講義を受けてるよ」

 

 

そしたら不思議そうな顔で

「…日本語で英文を勉強してるの?それ、面白いね」

「英語で社会的背景を読み解いたりディスカッションするのが普通じゃない?だから英語が苦手な人が多いのかな」

 

 

 

 

 

あああああああああああああ

 

 

 

 

That's right

「それな」

 

そもそも英文とは英語で書かれた文学全部、イギリスアメリカの作品を始めとする分野であって、それを日本語で吸収しようとするのは逆に言えば「源氏物語」を英語で講義するのと同じくらいヘンテコだと。言語は思った以上に文化に結びついていて、それを使って考えなければいとをかしな歌の韻も季語も風習も、100%理解するのは難しいし、

例えば英語で「日本語では『〇〇』といってこういうことをする習慣があるんだよ」、という一面的な教え方をしたとしても、自らその言語で考えていないがために、そうか、よく考えるとなかるるみ→流るる身・泣かるる身で掛けているじゃん、というような細かい発見はしにくいんでは、

 

 

と思っていたところに彼女の一言が刺さって痛い。たしかに英語で授業はこなしてこなかったし、海外の大学で文学を語るステージにさえ立てていないのである。

 

これが今、今更、私が英語を勉強している理由だ。英語なんて受験科科目としてしか見ていなかったし、喋る<<<<<机上で文法の勉強 というやり方だったのは何とも中途半端だったと改めて思う。改めて気付かせてくれた彼女に心から感謝を。

 

 

 

ということで、アイエルツ頑張ります…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ英語を学ぶのか

 

同級生や同世代の学生と知り合った時交わす常套句みたいなものがあって、それは大体

 

「専攻は何?」

「ワイは〇〇」

 

みたいなやりとりだ。こちとら専攻は英文。自分の学部「文学部」と検索すると一緒に「就活」とか「廃止」が欄に並ぶくらいなのでもう世間の評価に対して察しはついているけれど文学への愛は少なくとも持っているので、理系に比べて肩身が狭い…なんて自信の無いことはてんで思っていない。..いなかった。

 

しかしこの前

 

とある国からやってきた見目麗しき留学生にとうとう核心を突かれてしまった

前からうすうす疑問に思っていたが知らん顔をしていたこと

 

「何を専攻してるの?」

「英文だよーーーー日本語・机上でシェイクスピアトールキンイプセンの講義を受けてるよ」

 

 

そしたら不思議そうな顔で

「…日本語で英文を勉強してるの?それ、面白いね」

「英語で社会的背景を読み解いたりディスカッションするのが普通じゃない?だから英語が苦手な人が多いのかな」

 

 

 

 

 

あああああああああああああ

 

 

 

 

That's right

「それな」

 

そもそも英文とは英語で書かれた文学全部、イギリスアメリカの作品を始めとする分野であって、それを日本語で吸収しようとするのは逆に言えば「源氏物語」を英語で講義するのと同じくらいヘンテコだと。言語は思った以上に文化に結びついていて、それを使って考えなければいとをかしな歌の韻も季語も風習も、100%理解するのは難しいし、

例えば英語で「日本語では『〇〇』といってこういうことをする習慣があるんだよ」、という一面的な教え方をしたとしても、自らその言語で考えていないがために、そうか、よく考えるとなかるるみ→流るる身・泣かるる身で掛けているじゃん、というような細かい発見はしにくいんでは、

 

 

と思っていたところに彼女の一言が刺さって痛い。たしかに英語で授業はこなしてこなかったし、海外の大学で文学を語るステージにさえ立てていないのである。

 

これが今、今更、私が英語を勉強している理由だ。英語なんて受験科科目としてしか見ていなかったし、喋る<<<<<机上で文法の勉強 というやり方だったのは何とも中途半端だったと改めて思う。改めて気付かせてくれた彼女に心から感謝を。

 

 

 

ということで、アイエルツ頑張ります…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学は人生の夏休み説は本当か?

 

夏!

 

お盆休み

楽しんでますか。

 

旅行、プール、海、夏祭り、花火大会、かき氷、縁側で昼寝…「若いうちは夏の間に遊んどけ、大学生はいいよね」と「大学生は人生の夏休み説」を唱えていた先生の言葉が脳裏に浮かびます

 

 

(先生ごめん、最近バイト尽くしだわ………)

という点はさておき、確かに。

 

言われて見ると「やりたいことが何でもできる長期休暇」は18、19にしてやっと得た貴重な時間だなぁと思います

 

~振り返ってみよう今までの夏休み~

中学受験はしたことが無いので、市立小学校→公立中学→高校に進んだと仮定して夏休みモデルを考えます

 

1.小学生

f:id:gakkusei0415chang:20180811003354p:plain

 

約40日ほど。算数ドリル、絵日記、自由研究や工作など、読書感想文、漢字プリント、ラジオ体操という煩わしい課題が待っている。「宿題は早く終わらせるか、コツコツ毎日やるか、最後にやるか(ママに手伝ってもらうか)」という議論が恒例だが、大抵の人は、小学生の時から既に各々課題のこなし方を確立させているのでは。「小学生の時は最後まで宿題しなかったけど、今は毎日欠かさず〇時間勉強してます」って人なかなか見たことが無い。

 

 

え、私?  めちゃくちゃ遊びました、

 

 

 

 

……そして死に物狂いで最終日に宿題をやってました(笑)

 

 

2.中学生

 

これも40日ほど。中学生になると、「高校受験」というワードが見え隠れするようになる。家庭によっては親からの圧力があり、夏期講習とかいう意味の分からないプログラムに参加させられたりする。 運動部、体育会系文化部に入った暁には休みなんてないに等しいんじゃないかな 

そして夏休み後、多感な時期に何を思ったか始業式に仰天チェンジした出で立ちで現れるクラスメイトが一定数いる。モヒカンになってたK君、君のことはきっと忘れないよ

 

 

自分は

鬼ブラックな部活に入っていたので、36℃の炎天下の中一日中ボール拾い、走り込み、筋トレ、ラリー、練習試合とかで

 

勉強?ハぁ?(*´Д`) って感じでした

 

 

3.高校

f:id:gakkusei0415chang:20180811003416p:plain

さて、一生懸命頑張って入った高校ですが、いざ入ると2年くらいから「大学受験」というワードが見え隠れしてくる。高校によって指導の仕方は千差万別だけれど、事の重要さは大学受験>高校受験らしいから教師人も進学実績を上げるため必死になる高校は多いのでは。皮肉にも長い夏休みの後「模擬試験(河合)」「定期テスト」がさりげなく据えられており、「勉強…勉強……b」というよこしまな学校のメッセージがひしひしと伝わってくる。同じく激しい部活に所属していると泣くことになる。

 

 

自分は

…………結構遊んでました……

 

 

結論:大学生の夏休みは尊いけど

 

はい、ここで初めて「なんの課題もない夏休み」が到来します。この解放感。今までと比べると逆に違和感を覚えるような真っ白な期間。 尊い、今やっと尊さがわかった気がする……! 

(でも今までの夏休み、(夏休みに限らず)個人的にはなんやかんや遊んでいた気がします。あれおかしいな)

 

 

先生、大学生が一番よかった、じゃなくて今が一番いい、って言えるように生きたいよ。

 

 

てことで、日々を大いに楽しむことにします(笑)

 

読んで下さってありがとうございました。

 

 

 

 

気付いたら二十歳になっていた件

 おひさし! Hoyuです。

 

ここ最近ずっとブログ書く暇が無くて、正直に言うと忙しさにかまけてブログを忘却の彼方に葬りそうになってたのですがこれではいけないと思い、寝ながら書いています(笑)

 

 

で、最近の気づきを。

ふとした瞬間に そういえばこの前二十歳になったわ、って気付いた次第であります。

なんかあっけないなぁ

 

何が変わったか

 

二十歳になると

「わぁ大人じゃん」「お酒が飲めるじゃん」「もうお前立派な兄貴じゃん(姉御じゃん)」「年金…」

などともてはやされ(?)、急によくわからない責任感がムクムクと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現れたりしませんでした(笑)

 

人間一日でそんなに変わんねぇべ。「二十歳だ、自分変わったぞ~~~('ω')ノ!」みたいな劇的Before & After、余程の強烈な何かが無ければなかなか起こらないでしょう。

うん、あんまり変わってない気がする(笑) 

 

 

f:id:gakkusei0415chang:20180708001828p:plain

 

友人の社会人曰く、

「別に二十歳が(社会的に成熟した)大人だとはだれも思ってないから、学生だから」

成人って何なんでしょう

 

 

 

選挙権は数年前から18歳以上の人が得ることになりましたし

飲酒喫煙は二十歳からと言いますが、大学生になった時点で二十歳にならずとも飲む機会は沢山あるのが…。

なんか微妙な気が。

 

 

成人年齢引き下げが決定しましたが、成人/未成年の線引きが変わったからと言って自分の中での「成長」は曖昧なわけで、何歳で〇〇!とかこだわる必要がないような感じがします。 どうなんだろう?

 

 

 まぁとりあえず、二十代を楽しんで生きようと思います(*´з`)

 

 

 

癒し!!聖歌があなたにおすすめな理由

ご無沙汰です、Hoyuです。

 

 

突然ですが

 

聖歌隊 Choir

ってご存知ですか。キリスト教の教会でミサ、クリスマスとか復活祭の時に聖歌を歌う合唱団のこと。

 

イギリスの少年合唱団、

LiberaFar Awayとかは超が付くほど有名。人間の身体から、(それも小さな少年の)あんなに響く澄んだ声が出るのかと耳を疑う程に、ずっと聴いていたくなる曲です、、おすすめ(^▽^)/

 

Hoyuはこんなにレベルが高くなく、キリスト教信者でもありませんが一応学生聖歌隊に入っています(笑)

 

かれこれ数年目になりますが、いやマジで

聖歌隊、聴いて得しかないです

どっぷりハマっております

 

目次

 

合唱と何が違うの?

 

前置きにある通り歌う曲が特殊です。聖歌。

 

Felix Mendelssohnメンデルスゾーンのオラトリオ、エリヤや

Händel, Georg Friedrich ヘンデルメサイヤ(ハレルヤは聞いたことがあるのでは?)

Amazing Grace

バッハの曲から、宗教曲は挙げてもキリがありません(笑) 

分厚い讃美歌集の中身も全て歌う対象だったり、本当に多種多様。英語やドイツ語の曲が多い印象です。数世紀も前の曲を歌うって、毎回不思議な気分に…

 

 

最強の癒し効果がある理由

 

聖歌隊、大抵は教会なんかで歌ったり。

以下はアイルランドのとある教会。見ることは出来ませんでしたが、本場の聖歌隊はいるようです。ミサのスケジュールに書いてあった!

 

f:id:gakkusei0415chang:20180617231711j:plain

 

イメージはこんな感じ。教会や神社、寺、モスルなど、なんらかの宗教的な関わりある建物は一様にして形容しがたい静けさというか、パワーがあって特別感がするでしょ?

 

 

このしんとして響く空間の中で歌を歌ったら(聴いたら)もう

耳が幸せ一瞬で昇天です、確信。

 

どことなく神聖な空気の中で流れる生の音楽って、どんな素晴らしいyoutube動画にも勝る! 

 

歌って振動で耳に伝わるものだから、録音や動画よりその場で波動を感じた方が何十倍も生き生きします(笑)それが癒しになる!

 

疲れているあなたへ

たまには息抜きに聖歌、どうでしょうか。聖歌って敷居が高いように思えて実は、誰でも気軽に楽しめるものなんです。地味であまり知られてないけれど、、

 

騙されたと思って聴いてみて!