Seize the Day

学生真っ盛りです。学生の視点で面白いこと研究してます。

NEVER LET ME GO わたしを離さないでの感想

 

やほ!

 

最近テストばっかでどちゃくそのHoyuです。普段読まないくせに忙しい時に限って本が読みたくなる、映画が見たくなる(笑)

先週はアイルランドの本屋についても触れましたが、

 

gakkusei0415chang.hatenablog.com

 

いまだ読書ブームは引き続いております。

 

で、最近注目している作品がこれ。

 

www.youtube.com

 

 

カズオイシグロ原作

''NEVER LET ME GO''

 

私を離さないで。 

前から気になったところに、ペーパーバックや映画が大学に置いてあるのを発見!

両方手を出しました(笑)

話題になった時期から結構経ってますが、世間がコレいい!って騒いでいない時の方がかえって自分の主観でその世界に没頭できるんじゃない?

 

※ネタばれ?になるかも、ご了承ください

 

クローンとして臓器提供するために生まれてきた子どもを管理する寄宿学校。
主人公キャシーの視点で、寄宿学校時代の友人であるトミー、ルースの生涯が語られるという話です。

 

読んでみたけど、読んでいる最中ずっと心が痛かったです。だんだん真実が分かってくる度に気味が悪くなってきて、設定がぶっ飛んでるのに超現実にありそうな話で。

 

特に

 

ドナーとして提供を「終え」た二人の友人を見て、

そして自身も1か月後に一回目の臓器提供を宣告された主人公が最後に綴った言葉が痛かったです。

 

What I'm not sure about is if our lives have been so diffirent from the lives of the people we save. Maybe none of us really understand what we've lived through or feel we've had enough time.

 

私達の人生は私たちが救った人々のそれと違うのか。何を生き抜いたか、人生に十分な時間があったか誰も分からないでしょう。

 

ニュアンスは多分このような感じ…だと思う…

 

なんでこの作品が痛かったかというと、

現代の私達に通じているから。

 

ドナー用のクローンていう設定が倫理的に異議を唱えられそうなもので、極端。その世界の中で生まれた主人公たちも感情があって、運命を言い渡された時の悲哀は想像を絶するに決まってます。

彼らは恋に自分を偽ってみたり、癇癪を起こしたり、ずっと葛藤して結局最後は諦める

 

そう、

主人公たちは逃亡したり、(詳しいことは書かれなかったが逃亡できなかった)自殺したりと運命に抗いません。

 

それが、現実を目の前にして人生の節目節目で進路とか、夢とかを諦めて自分に折り合いをつける、妥協するしかない時のあの無力感、脱力感と同じなのかなってふと。 

いや、スケールは違いますけど。

 

 

どうやったらカズオイシグロみたいにこれほどリアルな心理を描写できるんでしょう?他の作品もハマりそうです。是非。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

アイルランドの本屋はこんなに違う?おすすめな件

アイルランドの本屋

について。

 

 

昔から本は好きだったけれど、課題に追われて全く読めないよ!という状態が続き、最早読む気も起きずTwitterで遊んでいたHoyuですが、

 

そう、読書に耽っております。

 

きっかけはアイルランドで立ち寄った本屋。

 

目次

 

 

1.おしゃん。

 

f:id:gakkusei0415chang:20180526224455j:plain

 

なんだこの日本とは全く違う建物は!! 

 

カラフルで服屋みたいにおすすめをショーウィンドウに晒していて、かつクリスマスツリーを連想させるような色合いで(笑)「これが本屋!?」とびっくり。

 

 

だってほら、本屋って言ったら駅前の本棚剥き出しになっている小さな空間や、デパートの一角にあるような、あの日本らしくコテコテして統一感が無い感じの店を想像するじゃないですか。

最近は芸術的なインスタ映えの本屋も増えていますが、田舎者のわしにとってやっぱり未だ本屋のイメージはコテコテです。

 

 

なのにアイルランドは!

なんでこんなにお洒落なんだ!本屋のくせに!

 

ショーウィンドウの中の一面のアルファベット自体が装飾効果を高めていて、ほぇーーと3分くらい見とれてました!!(ちょっと盛ったかも)

 

この他の本屋も巡ったんですが、ガラス張りになっており本の表紙が店の外から綺麗に見えたり、アンティークなデザインだったりと個性があり。

 

まぁ海外で物珍しいからっていう意味もありますが

外装次第で本屋ってこんなにも人を引き付けるんだと驚きでした。

 

 

2.中にはカフェ!?

f:id:gakkusei0415chang:20180526234339j:plain

月間人気ランキング。一位の本は…(笑)

 

本屋の中には

二階にフツーにカフェが展開されているものも多々ありとても充実していました。本棚の目の前に机と椅子とレジがあって、その場でドリンクや菓子、パン類が買えてしまうという天国みたいな場所があるんですね。あいにく一人でお茶する余裕はありませんでしたが、一回くらい寛いでいればよかった、、、

 

そんな本屋には、雨の日雪の日に特に人が集まります。本の売買だけでなくささやかなコミュニケーションの場、憩いの場になる本屋、まじ最高です。

 

毎朝コーヒーとチーズケーキを摂り乍ら購入したらしき本を眺めている常連のおじさんがいたりして、こっそり和んでました(笑)

 

3.英語の勉強になる

 

当たり前といっちゃ当たり前ですけれど、英語に馴染む一つの方法でもあります。

そこら中に英語があるんだから、いや寧ろ洋書しかないんだから、立ち読みなり購入して熟読するなり英語に触れたい放題です。

 

 

ちなみに

 

アイルランドの素敵な本屋が好きすぎて、現地の本を買おうということで一冊買ってみました。

 

ペーパーバックってなんかお洒落じゃん。という浅はかさ含め10€くらいで一冊。読み切れるかはともかく記念のつもりで。

 

しかし読んでみるとこれが面白かった!!

洋書ってみっちり英語で、超難しいじゃないと決めつけていましたが、中にはちゃんとHoyuみたいなネイティブとは程遠い英語力の人でも読める表現で書いてあるものもあります!探してみるもんです

 

洋書、いいじゃん!ってなりました(笑)

 

I'm Right Here というYvonne Cassidyさん作のストーリーでしたが、残念ながら日本語訳はありませんでした。こういう、現地でしか手に入らない作品をガンガン読んでみたいですね。

 

 

とにかく、アイルランドへ行くことがあったら是非本屋に寄ってみてください(*'▽')

 

あなたは本音を言える?高校時代の失敗

ねぇ

「いつも顔見てフンって言うのやめてくんない」

「お前のこと〇〇って思ってたんだけどさ…」

「最近便秘だろ」

 

…家族以外で、本音を話せる人っていますか?

 

どこまでがプライベートで踏み込んではいけない話題か人に寄りますが、ともかく本音を言える友達はいるでしょうか。

 

んな中高の修学旅行みたいなシチュエーション今更ねえよ!

と思った人、ごもっとも!

 

そうです、そんな人なかなかいないものです。

 

f:id:gakkusei0415chang:20180522020700p:plain

1.高校時代一番の挫折

 

今でこそ一念発起していろいろやってますが

Hoyuの高校時代を振り返るとなんというか、挫折しかしてませんでした。

 

高校が青春って誰が言ったよぉぉ!てくらいキラキラしたものはそんなになかった。

 

 

 

まず入学の時点でどーーしても合格したかった高校に落ちてしまい、最初の1年間は落ちたことを引きずってことあるごとに

 

「あの高校なら〇〇だった」

 

を心の中で繰り返し、定期的に部屋で泣いていました。人生終わったとすら思い込んでいた時期もあります…視野の狭さ(笑)

 

今では笑い話ですが、人生で初めて壁といえるものににぶつかった当時の私の往生際の悪さと言ったら(笑)

 

 

 

その悔しさを勉強にぶつけるなり、部活や課外活動に昇華させるなりすればよかったんですが、最早気力も何もなく。現実から逃げて劣等感にまみれながらぼーーっとネガティブに過ごす、そんなクズな過ごし方をしていました。

 

 

で、当然そのやる気ない姿勢は部活にも反映されます。

自分たちで仕切る立場になる2年にさしかかるころ、同期内でも揉め事が起こり話し合いになった時のこと。

 

一番仲の良かった友人Aがとうとう私に言いました。

 

 

「Hoyu、何も考えてないでしょ」

 

 

辛いから現実逃避ばっかして、目の前のことや自分にすら向き合わずにただ学校に通ってるんでしょ、授業中見ててもぼーーっとしてるしそうなんでしょ

 

 

その一言があまりにも核心をついていて、いやつきすぎていて、それに反論できなかった自分が悔しすぎて、迷惑かけた周りの人にも申し訳なくて、

 

もう劣等感と悔しさで潰れそうでした。

 

Aは私と同じ落ちてきた立場ながら、与えられた環境で誰よりも学生生活に死に物狂いでフルコミットし勉強に勤しんでいた人でした。

 

 

2.なんやかんやクズっぷりを救ってくれた友人

 

「ごめん、当てつけだったかもしれない」

後でそんなことを言い出す友人とはまた揉めました、もう(笑)

でも思い返すと、今私が頑張ろうとしているのはこの一件があったからです。

 

 

彼女が私に言ったセリフは一生忘れないでしょう。考える人であれ、と

 

 

今大学生ですが、人脈、というものが増えるにつれ、SNSで沢山の人に繋がれば繋がるほど個々との関係が浅くなっていくような気がします。

ネット上で楽しくチャットする上辺の会話も交流の一部。

 

 

アホなことで盛り上がったり出来る、そんな関係も凄く大事だけれど

 

あれだけの本音をぶつけ合える人というか あんな風に叱ってくれたりもする人はもう社会人になったら出会えないでしょう。

 

友達ってそういうものじゃないですか。

 

 

読んでくれてありがとうございました。

大学生で門限はアリ?口論の本質とは

 

Hoyuです。生きてます。

 

待って忘れちゃった?

日々頑張りますと意気揚々宣言してから1週間まるっきり更新してないのには理由があるんだ。

 

 

 

というのは、数日間に亘り親と喧嘩しました。我が家では一年に一回くらい、節目節目でこういう迷惑な大騒ぎが起こるんですが、今年はちょっと早いタイミングだったかなという印象です。

 

 

テーマは“門限”

はい、どんなやりとりかは容易に想像できるでしょうが、学生の門限について。

これを両親VS子ども二対一で議論するのが如何にアンフェアか、考えるだけで涎が垂れるくらい香ばしい戦いです。

 

目次

 

 

1.そもそも門限とは

こればかりは各家庭のルールであって、他の家がああだとか、そもそも門限が無い人の方が多いとか、この家はこうだとかいくら比較しても結局

 

親がそうといったらそうなんです

親に養ってもらってるんだから

 

 

というよそはよそうちはうち的な理屈が通ってしまいます。そりゃそうなんだろうけどさぁ。

うちの場合、11時です。11時、傍から見ると無難?厳しい?

 

門限が存在する理由として、大体のところ

 

〇女だから

〇夜道は危険、怖い思いをしてからでは遅い

〇学生は遊ぶより勉強

〇言わないけれど貞操を守らせたい

〇まだ子ども

 

が挙げられるでしょうか。

 

幾つかはもっともです。悔しいですが。

 

日頃「もう大学生、大人でしょう」

というニュアンスの叱責を挟みつつ、こういうところで

「自立していない学生のくせに」というスタンスで迫ってくる大人の都合の良さはさておき、心配してくれているんでしょう。

 

 

でも!

 

例えば私の場合、友人とたまに食事をしたり飲みに行く際、目的地の都心まで1時間~2時間かかります。だから門限を考慮すると当然、早い時で9時半あたりに出なきゃ間に合いません。

 

この虚しさ!!

 

まさに周りが盛り上がり始めるくらいのタイミングで一人そそくさと席を立って、「え、もう行っちゃうの?これからなのに」という台詞を何回聞いたか!

 

一人暮らししない限りフットワークの軽い

「ふっかる族」にはなれないと確信しました。

 

くそぉぉぉぉ 安心して夜道を歩けない世間が恨めしい。

 

 

信頼度について:日々のコミュニケーションの欠如

 

今回の喧嘩の発端は門限、ですが数日間考えてみると

そもそもの発端は門限というより

 

「親子間での信頼関係が成り立っているか」

 

という点じゃぁないかという気がしました。

例えば↓

 

f:id:gakkusei0415chang:20180516020923j:plain

 

みたいな日頃の私のライン。唐突に遅くなる宣言をしていた時期がありました。

何故か友達とははしゃいだりふざけたりするんですが、家で素っ気ない態度になってしまいます。

照れてるのか萎縮なのか恥ずかしいのか、本当は色々話したいんですけどね。

 

 

こんなんだから

誰とどこにいるのかとか、いつ帰るのかとか、情報が少なく子どもが何をしてるのかよくわからない」

と思われていたに違いありません(笑) 

 

そしてこの「わからない」という不安要素こそが親に門限やその他私に関する制約を課しめていたんだなきっと。

 

正直、門限なんて所詮口約束です。「心配かけてる」から帰るけれど、いざオールしようと決めればするのは簡単であり、親にそれを止める術はありません。

だからあれほど言うんでしょう。

 

 

日頃からもっとガンガン周りについて話していれば信頼度がまた違ったかもなぁ、、

 

と今更ながら気づいた喧嘩でした(笑)

ささやかでもコミュニケーションって超大事なんですね。

 

 

 

 

 

というわけで二日遅れの母の日でした(笑)

いつもありがとう~

 

f:id:gakkusei0415chang:20180516023732j:plain

読んでくれてありがとうございました。

短いけれどブログを始めて1か月目の感想

 

ブログを始めてから1か月たちましたが、今日はてなブログを開くと読者の方が107人にまで増えていて、本当にビックリしました。

 

 

いつも読んでくれてありがとうございます!

誰が見てるとか、アクセス〇〇達成!とかより、126話くらいまでまで続けようとやっとこさ書いてました。だからそういう報告はしません(笑)

 

でも見てくれるとめちゃ嬉しい。

 

 

107人の方や他のブロガーがそれぞれどんなこと書いてるんだろ、と記事を眺めるのが密かな楽しみになってます。

 

毎日投稿が課題ですが、Face BookなんかのSNSに比べて如何にブログを書くのが大変か思い知りました(笑) いや何時間かかるんだっていう…でもこうなったらやるしかない!

 

 

これからもよろしくお願いします(^▽^)/

 

 

 

 

 

 

しょうもない遊び

GW真っ只中の今日も近所の公園でわちゃわちゃ集う小学生達を見る。

 

ブランコや自転車やドッチボール。スマホやゲームそっちのけで夢中に遊んでいる姿が解放感っていうのを体現しているようで、ちょっと羨ましかったりするが、数年前はもっと多くの子どもたちが通っていた気がする。

 

ふと思い出したのが子供のころ。

 

 

10数年前、住んでいたのが日本の南の方にある賃貸マンション。奇跡的に小学1年生~中学1年くらいの子どもがいる世帯が多く、(子どもの数はおそらく4、50人)私が転校してきたころには子どもワールドが出来上がっていた。

 

遊べる環境って貴重だなと思った今日このころ、

このマンションに引っ越した経験から、アウトドアやネット以外の遊びを推奨していこう!

 

目次

 

朝の登校時間なんかは大変な騒ぎだった。

 

なにしろ数十人一列から二列で細い田んぼ沿いの道を歩いていたし、そもそも数人まとまって学校へ行く「登校班」なるものはまだ通っていた学校になかったから、毎朝ピクニックかと思うほど長い列を成して歩く姿はそこら辺では珍しかったに違いない。

 

 

カンチョーに見るしょうもなさ

 

でももっとすごかったのは帰宅後。

 

そう、小学生ってのは時々例外もいるものの、大抵は外でも中でもとにかく遊びたい(ふざけたい)盛りである。

 

 

小学1年生の悪ガキが年上の女の子にデュクシ(´∀`)」とか謎の効果音付きでカンチョーをし、指を骨折した

 

とかいう最高にしょうもない話が浮上するほど彼らのやんちゃぶりは卓越している。

 

(あ、ソースは学校に勤めていた母です)

 

 

 

例にもれず私も毎日マンションの庭や玄関ホールで遊んでいた。(邪魔w)

当たり前だがスマホもないしDSとかのゲーム機も買ってもらえなかったし、本は読み飽きたし、でも下の階にはいつも誰かしらが犇めいているので動きたい衝動を遊ぶことにぶつけていた。

 

f:id:gakkusei0415chang:20180504011529p:plain

 

 

それにしても、数十人規模の鬼ごっこ、氷鬼、家族ごっこのインパクトは半端ない。

 

人数が多い分、鬼が誰が誰だか分かんなくなるというグダグダの展開にはなるものの、狩られる、凍らされるという緊張感はえげつなくて震えた。家族ごっこに至っては人数を持て余してしまい、末っ子の自分の役まわりは大抵犬か鳥だったなぁ....................

 

こういう、はたから見ればどうでもいいようなことをやっている時が一番楽しかった気がする。

 

 

時々しょうもない事件が起こったりする

 

そんな風に過ごしてたもんだから、近所の人たちにとって私達は騒音同然だったに違いない。おまけにマンションの真向かいに大きな保育園が腰を据えていて、そこでも日中昼寝の時間以外ギャーギャーものすごい声が聞こえていた。

 

加えて小さな事件が起こったりする。

 

〇〇君が家の鍵を落として大変なことになったり、誰かがおままごとの際勝手に近所のおばさんが木の葉を摘んだらしくおばさんが乗り込んできたり、隣の一軒家の噂のおじさん(昼間何故か自家製の露天風呂に浸かっている)をみんなで覗き見したのがバレて集団で怒られたりと、絶えずハプニングが起こっていた。

 

 

今になってもこういう小さなことは覚えていて、懐かしく思える

 

結論

やっぱ、スマホやゲームが無くても外で遊べる、いや寧ろ、幼いころからSNSに張り付いているよりしょうもないことをしていた方がかえって思い出が深いものになるのでは。

 

あとこうして振り返ると

大人数で遊べる環境って自分が思っていたよりずっと貴重だったんだなぁと。そういう意味で、公園や野原なんかは大切にしたいな。

 

 

 

読んでくれてありがとうございました!

 

 

 

これだけは外せない!Ed Sheeranのおすすめ曲5選

 

こんにちは、Hoyuです。

 

今日は個人的にハマっている

Ed Sheeran 

について。イギリス出身の歌手、世界中で人気を誇るエド"Shape of You"とか、耳にしたこともあるのでは?

 

US.UKのアルバムチャートでも1位に輝いたレジェンドである彼の作品「X」は勿論、それ以前の曲のインパクトといったら!

 

 

クセのあるエレクトリックな要素や、重低音が苦手、だから洋楽はちょっと、、というそこのあなた、

 

Ed Sheeranの曲は一味違う!

 

ラード調からポップまでテイストの違う曲、全てにエドの魅力が詰まっています…洒落ていて詩的な歌詞を嫌味無く歌いこなす、伸びのびした声がたまりません。

 

~個人的にお勧めしたい曲5選~

 

 

1.Galway Girl

 


Ed Sheeran - Galway Girl [Official Video]

 

王道です。アイルランドのGalwayという小さな街を舞台に、パブで女性と出会う曲。

イギリス人がアイルランドの女性この意味がお分かりいただけるでしょうか。

 

絶妙にが踏まれており、さらにケルト音楽的な旋律も入っていて 一度聴いたらノってしまうこと間違いなしです。

私もアイルランドへ行きましたが、そこで出会った友人達と一緒に歌った時間が忘れられない。

 

 

2.Nina

 


Ed Sheeran - Nina

 

小気味良いリズムが癖になります。

 

"Love will come and love will go"

サビOh Nina、の呼びかける声を聴くたび何故か安心する笑

 

Stevie Wonder に違法ドラッグ(マリファナ?)に路上生活…何気にパンチの効いた歌詞を声を荒げず、しかし僅かに哀愁を滲ませて歌っているところがハイクオリティ。

 

 

3.One

 


Ed Sheeran - One [Official Video]

 

ラード調の曲。

”Or just stay with me”やサビの音程の高い部分をこれほど澄んだ声で歌う男性シンガーはなかなかいないのでは?

 

静かなところで一人で聴いていたい曲。聴くほどに深い。

1回目、2回目、3回目…煮れば煮るほど味が沁みてくる大根の煮つけみたいな。

 

 

いや、あくまで例えです

 

4.Homeless

 

公式の動画が見つからなかったので載せませんが、是非検索してみてください。

 

タイトル通り、ホームレスの曲。聴いているとなんとも切なくなり、思い出すのはアイルランドで毎朝凍った道端に座り込んでいた若者たち........

 

なんででしょうか、

 

ベースの音、メロディのバランスが良くて、最後”It's not a homeless life for me" のフレーズを永遠と繰り返しそうになる程中毒性があります。  

 

 

5. Nancy Mulligan

 


Ed Sheeran - Nancy Mulligan [Official Audio]

 

Nancyという女性と駆け落ち。1番で紹介したGalway Girlと似たテイストで、アイリッシュダンスが踊れそうな軽快な曲。

 

主人公はエドの祖父でしょうか。だとしたら素敵すぎます。

 

曲中で主人公(William Sheeran)の故郷はBelfast、

そして二人が結婚したのがWexford(のborder)

 

あら不思議、これらもアイルランドの地名です。

前者は北アイルランド、後者はレンスター。北から首都ダブリンを越え、
南に向かって相当な距離を逃げたんでしょうか、想像するだけでワクワクするような曲。

 

 

 

以上、個人的Ed Sheeranのすすめでした。他にもたくさん紹介したかったのですが今日はこれまで。聴いて驚くこと間違いなし!