Seize the Day

学生真っ盛りです。学生の視点で面白いこと研究してます。

大学生で門限はアリ?口論の本質とは

 

Hoyuです。生きてます。

 

待って忘れちゃった?

日々頑張りますと意気揚々宣言してから1週間まるっきり更新してないのには理由があるんだ。

 

 

 

というのは、数日間に亘り親と喧嘩しました。我が家では一年に一回くらい、節目節目でこういう迷惑な大騒ぎが起こるんですが、今年はちょっと早いタイミングだったかなという印象です。

 

 

テーマは“門限”

はい、どんなやりとりかは容易に想像できるでしょうが、学生の門限について。

これを両親VS子ども二対一で議論するのが如何にアンフェアか、考えるだけで涎が垂れるくらい香ばしい戦いです。

 

目次

 

 

1.そもそも門限とは

こればかりは各家庭のルールであって、他の家がああだとか、そもそも門限が無い人の方が多いとか、この家はこうだとかいくら比較しても結局

 

親がそうといったらそうなんです

親に養ってもらってるんだから

 

 

というよそはよそうちはうち的な理屈が通ってしまいます。そりゃそうなんだろうけどさぁ。

うちの場合、11時です。11時、傍から見ると無難?厳しい?

 

門限が存在する理由として、大体のところ

 

〇女だから

〇夜道は危険、怖い思いをしてからでは遅い

〇学生は遊ぶより勉強

〇言わないけれど貞操を守らせたい

〇まだ子ども

 

が挙げられるでしょうか。

 

幾つかはもっともです。悔しいですが。

 

日頃「もう大学生、大人でしょう」

というニュアンスの叱責を挟みつつ、こういうところで

「自立していない学生のくせに」というスタンスで迫ってくる大人の都合の良さはさておき、心配してくれているんでしょう。

 

 

でも!

 

例えば私の場合、友人とたまに食事をしたり飲みに行く際、目的地の都心まで1時間~2時間かかります。だから門限を考慮すると当然、早い時で9時半あたりに出なきゃ間に合いません。

 

この虚しさ!!

 

まさに周りが盛り上がり始めるくらいのタイミングで一人そそくさと席を立って、「え、もう行っちゃうの?これからなのに」という台詞を何回聞いたか!

 

一人暮らししない限りフットワークの軽い

「ふっかる族」にはなれないと確信しました。

 

くそぉぉぉぉ 安心して夜道を歩けない世間が恨めしい。

 

 

信頼度について:日々のコミュニケーションの欠如

 

今回の喧嘩の発端は門限、ですが数日間考えてみると

そもそもの発端は門限というより

 

「親子間での信頼関係が成り立っているか」

 

という点じゃぁないかという気がしました。

例えば↓

 

f:id:gakkusei0415chang:20180516020923j:plain

 

みたいな日頃の私のライン。唐突に遅くなる宣言をしていた時期がありました。

何故か友達とははしゃいだりふざけたりするんですが、家で素っ気ない態度になってしまいます。

照れてるのか萎縮なのか恥ずかしいのか、本当は色々話したいんですけどね。

 

 

こんなんだから

誰とどこにいるのかとか、いつ帰るのかとか、情報が少なく子どもが何をしてるのかよくわからない」

と思われていたに違いありません(笑) 

 

そしてこの「わからない」という不安要素こそが親に門限やその他私に関する制約を課しめていたんだなきっと。

 

正直、門限なんて所詮口約束です。「心配かけてる」から帰るけれど、いざオールしようと決めればするのは簡単であり、親にそれを止める術はありません。

だからあれほど言うんでしょう。

 

 

日頃からもっとガンガン周りについて話していれば信頼度がまた違ったかもなぁ、、

 

と今更ながら気づいた喧嘩でした(笑)

ささやかでもコミュニケーションって超大事なんですね。

 

 

 

 

 

というわけで二日遅れの母の日でした(笑)

いつもありがとう~

 

f:id:gakkusei0415chang:20180516023732j:plain

読んでくれてありがとうございました。